postheadericon 出逢ってしまった二人

二人はついにここ神奈川県、綾瀬市で出逢ってしまった。シゲキは彼女がデリヘルで働いていると思い「いつまでデリヘルで働くんだ、もしデリヘルで働かないといけない位お金困っているなら俺がなんとかする!デリヘルを悪いとは思わない、でもキミには幸せになってほしい、それだけを思ってココに来た」とシゲ子に伝えた。シゲ子はすかさずこう答えた。「シゲキ君、わざわざ神奈川県まで来てくれてありがとう、綾瀬市まで遠かったよね…本当にありがとう」。「神奈川県は初めてだったけど余裕だよ!綾瀬市役所近くって言ってたからスグわかったよ」「優しいんだねやっぱり。」シゲ子は勇気を振り絞ってついに明かす決心をした。「シゲキ君、私、実はずっと嘘ついてた…実はデリヘル嬢っていうの嘘なんだ…。仕事を聞かれて、デリヘルって書いた理由も特になくて…ごめんね。せっかく神奈川県まで来てくれて初対面でいきなりこんなこと…」。シゲ子の決心にシゲキは感動し泣きながら、自分の気持ちも伝えた。ずっと好きだったこと、ずっと会いたかったことも。神奈川県に来て何時間経っただろうか。つい数時間前、シゲ子と出逢い、お互いの気持ちも確認しあった。今シゲキとシゲ子はココ綾瀬市でひとつになった。そして1カ月がたった。シゲキは1枚の紙を持ち、神奈川県の綾瀬市役所に向かった。横にはシゲ子がいた。普通の人ならきっとココで結婚届を出しにいくと思うであろう。だが、それは違った。シゲ子にはずっと別れたいと思っている旦那がいたのだ。そしてシゲ子はシゲキの気持ちに押され、旦那との別れを決心し離婚届を出しに来たのであった。デリヘル嬢だっていうことが嘘ではあったが、旦那がいたことを知らなかったシゲキだったが、彼は彼女を本気で愛している気持ちに押され、奪い取ったのだ。綾瀬市役所でついに、届けが受理された。シゲ子が泣いた。続く。

風俗探しに活用できるサイトを探してみよう▼
綾瀬市までデリヘルを呼ぶならココなんてどうだろ

2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930